心理カウンセラーの資格ってどんなものがある!?|資格の難易度から独学できるかどうかまでを教えます

心理カウンセラー お役立ちコラム

心理系資格が国家資格として定められたのが2017年でした。

国家資格が定まったことで各種様々な心理系資格のあった日本においても、その指針がはっきりとしました。

今回、心理系資格にはどのようなものがあるのかを掲載し、それぞれの資格の難易度から独学できるかどうかの道筋までを記載します。

カウンセリング スーツ女性

心理カウンセラーの資格とは

心理カウンセラーの資格とは、心理カウンセラーとして働き始めるのに必要なものです。現在は無資格でも相談業務に就くことはできますが、何かしらの資格を保持していたほうが信頼性を高められます。

信頼性のある資格を持って業務に就くことができればより多くの人を助けることができるかもしれません。

心理カウンセラーの仕事内容と活躍場所

心理師の仕事は人の話を聞くことです。人の話を聞いてその人が問題を解決できるようにお手伝いすることです。ここでは心理師の仕事内容について書いていきます。

カウンセリングルーム

カウンセリングルーム カウンセリング

こちらは民間のカウンセリングルームです。様々な課題を持った多様な方が悩みを相談するために訪れます。

1回につき5000~10000円と決して安くない金額をかけて相談に来る方へのサポートですから大きな役割を担っていると言えるかと思います。

学校

学校ではスクールカウンセラーとして働くことになります

子供たちの精神面のサポートを主に担当します。

また必要に応じて教職員のサポートも行います。

児童や学生へのケア、子どもを持つ親へのケア、また学校教職員のケアなど多様な人のメンタルサポートを担います。

一般企業

こちらは一般企業で働く社員の方たちのメンタルサポートがメインになります。

仕事における悩み、仕事における人間関係の悩みなどの相談に乗って解決に導くことを目的としています。

またストレス対処に関する研修といったストレスコントロールについても指導することがあります。

働く人の環境改善を目指すことができる分野です

心理カウンセラーの資格一覧

心理カウンセラー

公認心理師(難易度★★★)

2017年に国家資格として定められました。

難易度は最難関レベルです。

基本的に大学院にまで行って資格取得のための勉強をする必要があります

また大学院に行かなくても資格を取ることができるルートがありますが、特定の施設での実務経験が2年必要となっています。

独学での受験は難しく、必ず大学院や4年制大学と連携の上、資格取得を目指すことが大切です。

臨床心理士(難易度★★★)

言わずと知れた最難関レベルの資格です。大学院卒業が前提となっており、公認心理師と2大資格として知られています。

この資格を持っている心理師は信頼性が高くカウンセリングのレベルも高いことが特徴的です。

もちろん独学での受験はできませんので、大学院に行くことを検討してください。

産業カウンセラー(難易度★★)

日本産業カウンセラー協会が発行する民間の資格です。

現在では資格取得のために講習による参加を義務付けています。

難易度は★2つになっていますが、大学院にまで行く必要がなく、大学卒での講習参加とその後の本試験受験が可能です。

メンタルケア心理士(難易度★★)

メンタルケア学術学会が認定する民間資格です。

多方面から心理学を学ぶために、福祉・医療といった色々な分野での活躍が期待できる資格です。

難易度は★2つで試験対策を行う必要があり、難しいと感じることがあるかもしれません。

問題集を手に入れれば、独学で受験可能です。

メンタル心理カウンセラー(難易度★)

一般財団法人日本能力開発推進協会(JADP)が認定する資格で、心理カウンセラーに必要な知識を持っていることを証明することができる資格です。

通信講座での講座受講が可能で、独学で学ぶことができます。

また上級心理カウンセラーの資格があり、同時に取得するケースも見られます。

頑張ろう 心理カウンセラー

自分に合った資格を探そう!

人によりかけられる時間や工数は様々かと思います。

心理系の資格にかけられる規模がどのくらいかでどんな資格を取ろうか判断しても良いかもしれません。

心理カウンセラーは人を助ける仕事ですので、責任感の高い業務です。

ぜひ信頼できる資格を取得してカウンセリングを通した仕事をしていきたいものですね。

タイトルとURLをコピーしました