「人生なんとかなる」と思えるためには!?|前向きに生きる方法とコツについて

明るい光 お役立ちコラム

人生は浮き沈みの連続でできているようなものですよね。

昨日良いと思っていたことが今日になって良いことでなくなる、なんて時にはあるものです。

そんな時にどうやって対処するのかによってその後の生き方が変わってきます。

今回はどんなに辛い時でも「人生なんとかなる」と思えるようにするための方法について記載します。また「人生なんとかなる」と思えるコツについても書いていきます。

前向き 明るい

ネガティブな思考に捉われたくない人へ!

ネガティブな思考がふっと浮かんできたら皆さんどうしていますか。

即座にポジティブなものに置き換えることができる人、ネガティブな思考に捉われてしまう人、ネガティブな思考に対処する人、きっと人それぞれ、悩み事にもよることと思います。

ここで覚えていておきたいことは、意外と「人生なんとかなる」ということです。

ネガティブな思考に捉われているときはそう思えないことがほとんどですが、ポジティブに捉えようとすると気持ちが軽くなり、体が動くことが多いです

ですので、ネガティブな思考はポジティブなものに置き換えてみることが大切です。

「人生なんとかなる」と思える人がやっている10のこと

女性 人生なんとかなる

考えすぎない

こちらは行動を大切にするということです。頭で色々と考えすぎてしまって前に進めないという人も多いかと思います。「杞憂」と言われるように、先のことを考えすぎると不安なことが頭をよぎるようになってきてしまうことがあります。

先のことを心配しすぎて何も手につかないのでは人生が勿体ないです。

まず行動することを第一に考えてみましょう。考えることをやめて行動に移すことができれば、自然とポジティブな気持ちになってくることでしょう

メリハリをつける

こちらは、物事に取り組んでいるときに目の前のことに集中するということです。目の前のことに集中することで、だらだらと取り組まないことです。

だらだらと物事に取り組んでしまうと、余計な考えが入ってきてしまい行動に移す力が落ちてしまいます。

目の前の課題は何かを見極めることで、将来における不安や心配を考える暇を与えずに取り組むことができるようになります。

「自分は大丈夫」と思う

今現在色々なことがあるし、将来的にも色々なことがありそうで不安だ、と思うことから考えすぎることが発してしまうとしたら、その将来に起こる可能性のあることについて「私は大丈夫なんだ」と思ってみましょう。例えば来週から始まる職場がどんなところかわからず不安で嫌なことが何も起こらないといいな、といったときに、「自分はしっかりしている、大丈夫なんだ」と思えることで不安が小さくなっていきます。

完璧にこなさなくても良い

完璧主義の人は自身を認めるハードルを高くしてしまう傾向にあります。

例えば、理想通りに進まないことについて「今日もできなかった」と思ってしまうことがあるかと思います。

ですがここで見方を変えて、今日できたことに注目してみましょう。そうすると一日の中においてもたくさんのことができていることに気がつけるはずです。

完璧主義から解放される方法としては、一日の中で80%の出来で自身を認めるようにしてみることです。

他者の評価を気にしすぎない

他者の評価を気にして自分のことに集中することができにくい人はネガティブ思考に陥りやすい傾向にある人です。

人生を他者の評価軸で考えてしまうくせがあると自分自身の満足感だけでは認められないと思うことが出てきてしまうことがあります。

他者がどう言おうと自分が「これだけできているのだから大丈夫」と思えるようになれることが大切なことです。

失敗をプラスに捉える

失敗は成功のもとと良く言われますが、まさにその通りだと思える人はポジティブな人です。ひとつひとつの失敗を恐れずに前に進んでいく力を持つためにも、どうして失敗したのかについて考えてみましょう。

そして失敗から学んだことを大切にして生きてみましょう。徐々にポジティブになっていくことができてくるでしょう。

何とかなっていた過去を思い出す

「過去においてこれだけの失敗をしたけれども今も何とかやっている」ということが思い出せる人は強いと思います。

人はたくさんの失敗をしながら生きていますが、そのたびに乗り越えてきた過去を持っている人がほとんどでしょう。

そういった過去を思い出し、過去においてこれだけのことがあったけれど今も何とかなっているから大丈夫、と思えると良いかと思います。

自身の潜在能力を信じる

自分にも力はあるんだ、と思えると案外楽になるかもしれません。

考えすぎてしまう自分もいるけれども、やるときはやる、できるときはできる自分がいる、と思えるとポジティブな思考に変わってくるはずです。

そうしてさらに行動に移すことで考えすぎない自分を見つけることができることでしょう。

「自信を持って」を素直に受け入れてみる

友人から聞くこの言葉。皆さん一度は聞いたことがあるかと思います。

いまいち信じられないと思っていることでも、一度素直に信じてみましょう。

「自信を持って大丈夫なんだ」と思えることで少しでも楽になれるはずです。

またその言葉を言ってくれた友人に感謝しましょう。「人生なんとかなる」のは一人だけで成し遂げられるものではないからです。

良く休む

休息を適宜とることは重要なことです。良く休むことで良質な考えを生み出すことができます

頭をいつもクリアーにできるように、休みは十分とりましょう。

また余計なことを考えすぎてしまっているときは脳が疲れているときでもあることでしょう。

そういうときこそまず休むことを第一にして、頭の疲れが取れてから物事を再開することが良さそうです。

家 暖かい

「人生なんとかなる」に役立つ名言集

「気にすんなよ!くよくよすんなよ!大丈夫、どうにかなるって」松岡修造

テニスプレーヤーである松岡修造さんの言葉です。言葉を見ただけでなんだかほっとします。

「大丈夫、どうにかなる」この言葉を自身にかけてあげられると良いかもしれません。また人から言われたからこそ生きる言葉というものもあるのかもしれません。

どちらにしろほっとする言葉と思い取り上げさせてもらいました。

「道はどんなに険しくとも、笑いながら歩こうぜ」アントニオ猪木

プロレス界からアントニオ猪木さんの言葉です。「笑い」が重要なポイントです。

どんなときも笑っていればなんとかなると思えるほど、笑いは大切なものとして考えられています。笑いながら歩くだけでも人生なんとかなると思えることがあるかもしれません。

「人生とは一直線ではなくて循環するもの」バーバラ・ブラハム

アメリカのビジネスコンサルタントの方の言葉を取り上げました。

常に前に向かって進んでいる私たちにとって、人生は循環するものであるといった言葉はとても大切なことのように思いました。

人生は循環するものだ、と思えることができると気持ちが楽になっていきます

行動

「人生なんとかなる」と思えるようにするために

人間関係につまずいてしまったとき

人の悩みはほとんどといっていいほど人間関係の話になるかと思いますが、例えば失恋についても、辛い期間はずっと続くものではありません。

新しい人間関係を築くことができたときにまた新鮮な気持ちになることができるのかもしれませんが、何があっても「なんとかなる」と思えることが人間関係では重要です

また辛いときは第三者の助けを借りることも大切なこととして覚えておくとよいでしょう。

お金に問題を抱えてしまったとき

借金で首が回らない、とはよく聞く言葉ですが、お金に問題を抱えてしまったときは悲観的になりやすいです。

また貯金がないといったことも実際に行動に移すための妨げになっていることかもしれません。

借金は少しずつでも返していくことで取り返しがつきますし、貯金がなかったら少しでも貯蓄をしてみて実際に行動に移せるかどうか試してみることをお勧めします。

どんなに辛い状況でも「いずれなんとかなる」と思って行動していきましょう

仕事上の課題がうまくいかないとき

仕事でミスをしたら悲観的になってしまうことがあるかと思います。

ここで大切なのは自らを責めすぎないことです

誰にでも失敗はある、失敗をしたときにどう乗り切るかが大切なんだと思い返し、ミスをリカバリしていきましょう。

また仕事において悲観的になってしまったときは気分転換も必要なことと思います。趣味や人間関係に重点を置いてしばらく過ごしてみることも良さそうです。

仕事上の課題

辛い考えをポジティブにして乗り切ろう!

辛い考えをそのままにしておくことは辛いことと思います。ですので、何かしらポジティブなものに変化していけるとよいでしょう。例えば失恋について悲しかった辛かったと思い返すことだけではなく、でも楽しかったと思い返してみることで少しは変わるかもしれません。

また楽しい思い出を作っていこう、とかまた楽しい日が来るときまでゆっくりしていようと思えるようになれれば十分ポジティブなものになっているのではないでしょうか。

「人生なんとかなる」と思えるようになることが大切なことですので、色々と試してみることも必要なことかもしれませんが、乗り切った先は「なんとかなった!」と思えたということですから良い経験になることかと思います。

どんなことも良い経験だったと思えるようになれるといいですね。

タイトルとURLをコピーしました