発達障害で仕事ができないのはなぜ?環境を整えて働きやすい仕事をしよう

発達障害を抱える人の中には、仕事ができないと悩んでいる人も多く、大きなストレスを日々感じている方が居ます。

そこで今回は、発達障害を抱える人が仕事ができないと悩む理由と、向いている仕事をご紹介いたします。

仕事

発達障害で仕事ができないと悩むのはなぜ?

発達障害で仕事ができないと悩んでしまうのは、発達障害の原因とも呼ばれる脳機能の発達のアンバランスさと、その人が過ごす環境や人間関係とのミスマッチが原因です。

  • こだわりが強く融通がきかない
  • 忘れ物や勘違いなどが多く業務に支障をきたしている
  • 人との距離感がわからず人間関係がうまくいかない
  • 相手や状況に自分の行動を合わせるのが苦手
  • 皮肉や例え話が通じない など

発達障害を抱える方で仕事ができないと悩む人には、このように様々な悩みを抱えていて、同時に生きづらさを感じています。

発達障害は大人になってから仕事や人間関係の困難で気づくことも多く、「悪気はないのに会話をしていると相手を怒らせてしまう」「資料の内容を読み飛ばしてしまう」など、学生時代には感じなかった困難を、大人になってから感じることも多いのです。

PC できる

発達障害を抱える人が向いている仕事

発達障害を抱える人は、仕事や人間関係などの環境を整えることで、障害の特性を目立ちにくくすることができます。

では、発達障害を抱えている人はどのような仕事が向いているのでしょうか?

  1. 職人・専門職

発達障害の人は強いこだわりなどが特性として挙げられるため、一人で黙々と仕事をこなす職人や専門職が向いています。

自分が得意なことや好きなことはどんどん情報を吸収するのも発達障害の特性の一つなので、自分が好きなことを仕事にするようにしてみましょう。

  1. フリーランス

イラストレーターやプログラマー・ライターなどの専門職で、一人で独立して会社など組織に属さず仕事をすることをフリーランスと言います。

フリーランスになれば自宅やコワーキングスペース・喫茶店など場所や時間の制約を受けずに仕事をすることができるので、自分が集中できる環境で、自分が好きな仕事をすることができます。

  1. リモートワークOKの職場

リモートワークとは、在籍する職場に出勤せずに自宅など会社から離れた場所で業務を行う働き方です。

在宅勤務やテレワークなどと呼ばれることも多く、自分が好きな時間や場所で働くことができる他、人間関係の煩わしさからもある程度解放されるので、発達障害を抱える人が仕事ができないと悩むことが少なくなります。

PC 仕事

発達障害で仕事ができないと悩んだら病院や支援機関を利用しよう

発達障害の特性で仕事ができないという悩みは、本人が感じているようにとても辛く、精神的なストレスが大きい。

そのため、抑うつ状態などの二次障害を併発することも多いため、「ひょっとして発達障害かも?」と思ったら、発達障害を専門に診てくれる精神科や心療内科を受診するようにしましょう。

精神科や心療内科では、発達障害の特性をどうすれば緩和できるのか医師やカウンセラーに相談できる以外に、特性を落ち着かせる薬を処方してもらえるので、これまで仕事ができないと感じていた悩みを減らすことができます。

また発達障害者支援センターなどの支援機関では、発達障害を抱える人への総合的な支援を行ってくれるので、どこの病院に行けばいいのかなどを相談することができます。

最寄りの発達障害者支援センターは、「国立障害者リハビリセンター」のホームページより確認することができます。

発達障害の特性で仕事ができないと感じたら、職場や人間関係などの環境が自分に合っているのか考えてみましょう。

もし合っていないのなら、今回ご紹介した発達障害を抱える人に向いている仕事に転職するか、リモートワークが可能なのか上司に相談してみましょう。

発達障害の特性は治療を受けることで緩和することができるので、仕事ができないという悩みを減らすことができる他、発達障害者支援センターなどの支援機関を利用することで、病院を紹介してもらえます。

タイトルとURLをコピーしました