心療内科と精神科の違いは!?|どちらか悩んだ時に受診すべき科はどっち?

笑顔の女医 お役立ちコラム

ストレス社会とも呼ばれる現代は、多くの人が人間関係や職場環境などにストレスを抱いています。

その中で、長い期間気持ちが落ち込んでしまう方や、眠れない、食欲がないなどの症状に悩む人も多く、このような症状が続く場合は精神科や心療内科で治療が必要になるケースもあります。

では精神科と心療内科の違いはどのようなものなのでしょうか

今回は精神科と心療内科の違いを具体的な症状例などからご紹介し、精神科と心療内科のどちらを受診すべきか悩んだ時の対処法をご紹介いたします。

心療内科と精神科の違い

心療内科と精神科の違いは、心療内科は「心身症」を対象としているのに対して、精神科は「精神病」を治療する専門機関です。

これだけでは具体的に精神科と心療内科の違いが分からないという方が多いので、ここからは精神科と心療内科の違いを具体的な症状ごとにご紹介します。

診察する医師と患者

心療内科はどんなところ?

  • 吐き気や頭痛・倦怠感・胃痛・過敏性腸症候群などの身体的症状がある時
  • 身体的な不調から内科などを受診したが「問題ない」と言われた時
  • 身体的な不調があり、心理的や社会的な原因が考えられる時
  • 身体的な不調はないが、気持ちが落ち込むなど精神的な症状がある時

これらの症状で悩んでいる場合は、心療内科を受診します。

心療内科は、例えば会社に行こうとしたら下痢をしてしまう。ひどい耳鳴りなのに耳鼻科では異常なしと言われた。胃薬を飲んでも胃痛が改善されないなどの身体的な症状が現れている場合に受診する専門機関です。

様々なストレスによってこのような症状が現れていると考え、抗うつ剤や抗不安薬などの症状に応じた投薬治療や、医師やカウンセラーとの面談を通じて認知行動療法などの心理治療やカウンセリングを行います

精神科はどんなところ?

  • イライラや気持ちの落ち込みがあって対処が難しい
  • 幻聴や幻覚に悩んでいる
  • 眠れない、寝過ぎてしまう

例えばこれらで悩んでいる場合は、精神科を受診します。

精神科は精神神経科とも呼ばれることがあり、心の症状を扱う専門機関です。

心療内科と違うところは、うつ病や統合失調症などの長期に渡って治療が必要な精神的な病を治療する専門機関で、精神科によってはカウンセリングを行っている場合もありますが、基本的には抗うつ剤などの投薬治療を中心に行います

また大きな精神科の場合は入院治療を行うこともあります。

どちらを受診したらいいか迷ったときは

悩める女性

「様々なストレスから頭痛もするけど気持ちもひどく落ち込んでいる」など、精神的な症状と身体的な症状の両方の症状があれば、精神科と心療内科のどちらを受診すればいいのか悩む方が多いでしょう。

心療内科と精神科は専門分野が異なりますが、同じ診断基準を用いるため、対象となる症状が重複することも多々あります。

精神科と心療内科の違いは、精神科は対処の難しい気分の落ち込みやイライラなどの精神的な病を治療する専門機関で、心療内科はストレスからくる頭痛や胃痛などを治療する専門機関です。

精神科と心療内科のどちらを受診すればいいのか悩んだら、幅広い症状をカバーすることができる精神科を受診することも一つです

また総合病院など大きな医療機関を受診して、必要であれば精神科や心療内科を案内してもらえるようにすることも大切でしょう

タイトルとURLをコピーしました