考えがまとまらないときの対処法とは!?|「思考」を「気持ち」に還元する方法について

対話 豆知識

BY TAKA3955 · 2019年12月31日

こんにちは。

最近メンタルケア心理士資格を取得しました。

普段から心理の専門書や実用書はある程度読んでいまして、今回その中で自身でも実践をしていることがあり、お伝えできたらと思いました。

詳細の理論は認知行動療法(CBT)に入るかと思いますが、アンガーマネジメントをヒントにした内容ですので、ご覧くださると幸いです。

動物・ふれあい

感情優位と思考優位について

この2つの言葉は専門用語なのかどうかは疑問に思っていましたが、実際にウェブで検索をしてみると専門用語ではないにしても、比較的認知されている言葉のように思いました。

参考URL:https://7kokoro7.com/archives/5557.html

上記ページでは、カウンセリングにおいてクライエントの話す内容が、クライエント自身のことを論理的に話す形なのか、それとも悲しかった、楽しかったといった気持ちに焦点を当てて話す形なのかの違いと、男女差について書かれています。

私の認識では、外部から何か刺激を受けたとき、もしくはその人自身の内部から外部への興味に対して、感じることが先にくるのか、それとも思考によって「~と思う」ことが先にくるのかの違いかと思っています。

どちらもメリットデメリットはあるかと思います。

こちらではネガティブな思考が出てきてしまったときにどのように対応するかについて説明します。

考えている女性

ネガティブな思考を認識!感情への変換もできるとなお良し!

自身や周りへのいらいらや、周りから「~と思われているんじゃないか」と被害的になってしまうといった思考不安は誰にとってもあることと思います。

これらの思考ストレスは自身で対処することができれば問題なく大丈夫なのですが、多く積み重なってしまうと、心のバランスを崩してしまうことがあります。

こういうときにできる対処として

  1. 自身のいらいらを認識する
  2. いらいらしたことでどのような気持ちになったのかを考えてみる(もしくはどのような気持ちからいらいらが出てきてしまったのかを考えてみる)

の2つが手軽にできるものとして挙げられます。

1は、自身の頭の中で「いまいらいらしてるなー」と認識するだけでも違ってきます。

自身の状態を把握することで、自身を落ち着かせることができるからです。

2はアンガーマネジメントの手法にもありますが、いらいらの源泉となっている「気持ち」に焦点を当てて、その気持ちを感じることにあります。

例えば、「仕事でうまくいかなくていらいらしてしまった」というときに、いらいらしたときにどういう気持ちになったのかを探ってみます。

例えば、「うまくいかなくて悲しくなったからいらいらしたのか」、「うまくいかなくて不安になったからいらいらしたのか」、といった具合です。

そしてその気持ちに焦点を当てて、その気持ちをしっかり心で感じます。

すると少しずつ気持ちが落ち着いてくるので、次のステップへ進むことができます。

笑う女性

まとめ

思考が動きすぎてしまうとストレスが溜まってしまいますし、思考をコントロールすることができると普段の生活も安定してきます。

思考を気持ちに適切に変換し、その気持ちを表出することで自身をマネジメントすることは、ストレス社会において大切なことです。

また相談のできる家族や友人やカウンセラーといった方たちにすぐに頼ることができない場合には、自身で思考や気持ちをある程度コントロールすることが必要になります。

ご自身でできる範囲のことで、自身を労わる方法ややり方をいくつか持っていると安心することができますよ。

タイトルとURLをコピーしました